子役のオーディションに通るために必要なことって?

いろんなことをさせる

子供の才能はいつ開花するか分かりません。そのためなるべくは子供が望むことを極力させてあげるようにしましょう。子供の表現や発想力というのはこのような取り組みからも生まれてくるのです。

養成所の部門紹介

女の子

こども部門

養成所にはいくつかの部門が分かれており、一番年齢の低い部門としてはこども部門があります。こども部門では子役に必要な表現力を身につけることができ、将来的にも役に立つ演技を習得することが出来るのです。

成年部門

成年部門では個性を活かした演技の指導を行なっています。声変わりや成長期に差し掛かる成年部門では、その人に合わせた指導を行なうように心がけており臨機応変に対応しております。

シニア部門

シニア部門には演技力や表現力に長けた方々が多くいます。ドラマやVTRなどの出演が多いのですが、出演作品のテーマに合わせた演技の練習を主に行なっています。

子役のオーディションに通るために必要なことって?

子供

子役デビュー

自分の子供を子役としてデビューさせるためには芸能界のプロダクションが主催しているオーディションに合格する必要があります。才能に溢れる子どもであれば指導を受けずに合格することも出来ますが、そのような子供はほんの僅かとなっています。

女の子

合格するために

子役デビューを目指す子供たちは、俳優や劇団員が指導をしている養成所に通うといいでしょう。現役の芸能人が指導を行なう場合もあるので高い演技力を身につけることが出来るでしょう。

子供

表現力が養われる

養成所に子供を通わせることによって子供の表現力が養われます。幼少期から様々な表現力を身につけることで、自分なりの表現やアピール力を獲得することが出来るので将来的にも役立つでしょう。

子供

目をつけられることも

養成所で成果を残すことが出来れば、芸能事務所からも目をつけられる可能性が出てきます。そうなればオーディションに合格せずとも直接芸能界デビューすることも夢ではないですよ。

指導が厳しくても

養成所では子供に対して厳しいと思われる指導を行なうこともあります。しかしそれも子役としてデビューするための指導なので、保護者としても複雑な気持ちをグッとこらえましょう。どうしても我慢できなければ別の養成所を探すというのもアリですね。